イメージ画像

不動産トレンド なぜ2世帯住宅が注目されるのか

なぜ2世帯住宅が注目されるのか 子供夫婦の“切実な現実”

YAHOO!ニュース

 

今年の夏に、2.5世帯住宅について書きました

現代の世帯構成を考えた提案としておもしろいと思いますし、マッチするご家庭にはおすすめできる間取り構成と思っています。

ですが、核家族で住む以外のボリュームゾーンは、やはり2世帯住宅でしょう。

その二世帯住宅が、再度脚光を浴びているようです。

 

嫁姑の煩わしい家族間の人間関係を避けるため、玄関はもちろんのこと、台所や浴室も別々-。2世帯住宅にこんな印象を抱く人は少なくない。しかし、いわゆる「完全分離型」の2世帯住宅は今では少数派だ。最近の2世帯住宅は玄関や浴室、階段などを共有した「部分共用型」が主流という。「孫の面倒や家事を手伝ってほしい」と考える子世帯の意向をくみ、親世帯と一緒に食事やコミュニケーションをとる部屋を設けた間取りが増えている。

東日本大震災で流行語にもなった「きずな」が一因と思いきや、実はそうした動機は一部に限られているという。2世帯住宅が注目されているのは共働き世帯の増加や所得の伸び悩みなど子供夫婦が抱える“切実な現実”にある。

 

 

長引く景気低迷で現役世代の所得は伸びず、共働き世帯が増えています。子供を幼稚園や保育園に預けることが出来れば良いのですが、人数の制限から待機扱いになることもあります。また子供は頻繁に体調を崩すことがあり、普段から同居している祖父母に見てもらえれば安心して休養をとることが出来ます。

 

これらのニーズをくみ上げて、大手ハウスメーカーでは2世帯住宅のプランを様々用意しています。

ですが、その間取り構成はそのハウスメーカーでしか実現できないわけでは決してありません。気に入った間取りのチラシやインターネットから印刷した物を持って、ご希望の住宅メーカーで相談してみると良いでしょう。

あなたの地域の工務店さんも、そんなあなたがいらっしゃることを心待ちにしています。

タグ

2012年11月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不動産トレンド

このページの先頭へ