イメージ画像

長野県へ移住すると、健康保険の保険料が安くなる?!

協会けんぽの健康保険の保険料率は、都道府県ごとに異なります。

ご存知でしたか?

 

会社勤めの方は給与明細に天引き額が記載されているだけですので、気にされる方は少ないでしょうね。

協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)は、各支部被保険者(都道府県単位の被保険者)を単位として、決められた範囲内で都道府県ごとに年齢構成や所得水準の違いを調整した上で、地域の医療費を反映した一般保険料率を設定し、厚生労働大臣の認可を受けます。
これにより、疾病の予防が推進され加入者の健康が増進し医療費がかからない都道府県においては、その分保険料率が他の都道府県より低く設定されることになりました。
都道府県単位保険料率は、平成21年9月分の保険料から適用されています。

都道府県ごとの保険料率への移行については、ここに詳しく記されています。
都道府県毎の保険料率への移行について – 全国健康保険協会

 

同じサービス(医療費の3割負担、他)であれば、保険料率は低い方がいいですよね。
都道府県で、どのくらいの違いがあるのでしょうか。

平成24年度の保険料率(以下の、変更後の数字です。)

201210101606

平成24年度の保険料率 – 全国健康保険協会

 

この表を見れば、一目瞭然。
今回の変更では、10%を境に高い都道府県と低い都道府県がわかりやすいです。

これによりますと、東日本は10%未満のところが多そうです。
秋田県から北と西日本は、10%を超えるところが多そうです。

 

保険料率が一番低い都道府県はといいますと、長野県です。
自然の豊かさが健康増進に直接つながるのかどうかはわかりませんが、医療費がかからない都道府県であることは間違いなさそうです。
長野県における 衣・食・住 といった環境が、そうさせているのだと思われます。

 

保険料率が高い都道府県にお住まいの方、長野県への移住をお考えになりませんか。

タグ

2012年10月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

不動産トレンド 諏訪市は83位 ~市町村魅力度ランキング「地域ブランド調査2012」~

前回の都道府県ランキングに引き続き、今回は 市町村ランキング です。
地域ブランド調査2012 上位100市区町村ランキング

 

繰り返しになりますが、地域ブランド調査 について。
ブランド総合研究所が1,047の地域(1,000市町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を徹底評価する日本最大規模の消費者調査。2006年に調査を開始し、毎年実施しているもので今回で7回目の実施。

調査はそれぞれの地域に対して魅力度、認知度、情報接触度、各地域のイメージ(「歴史・文化のまち」など16項目)、情報接触経路(「旅番組」など16項目)、観光意欲度、居住意欲度、産品の購入意欲度、地域資源の評価(「街並みや魅力的な建造物がある」など16項目)などを質問。調査項目は全72項目に及び、各地域の現状を多角的に分析できます。

 

上位10位のランキングは、次のとおり。

201209221515

札幌・京都・函館・・・・。
どの街も、それぞれ独自の魅力が目に浮かびますよね。
ブランドとは、そういうこと。
上位のランキングに、変動はほとんどありません。強いブランド力が浸透している証でもあります。

 

長野県内の市町村で「地域ブランド調査2012」の対象となった1000のうちの市区町村は、
長野市、松本市、上田市、飯田市、佐久市、安曇野市、塩尻市、千曲市、伊那市、茅野市岡谷市、須坂市、諏訪市、中野市、小諸市、駒ヶ根市、東御市、大町市、飯山市、箕輪町、軽井沢町、木曽町、飯綱町、小布施町、信濃町、白馬村、原村、大桑村、野沢温泉村、坂城町、山ノ内町。
(青文字は、諏訪エリア6市町村内の市町村)
地域ブランド調査2012 調査対象市区町村決定!

 

それでは、長野県内の市町村の、ランキングはどうだったのでしょうか?

・13位 軽井沢町
・54位 安曇野市
・54位 松本市
・58位 白馬村
・83位 諏訪市
・84位 長野市

と、1000市町村中 上位100位の中に、6つの市町村がランキングされました。
その中で、諏訪市は83位でした。
市区町村魅力度ランキング上位100位

 

どこが評価されて、諏訪市が全国の市町村で83位(20.5点)に選定されたのかは、私が調査可能な資料がありませんので不明です。
ただし、諏訪市は前年の76位(21.8点)から順位も点数も落としていますので、来年以降100位にとどまっている保証はありません。
魅力ある街であり続けるために、良い点を伸ばし悪い点を改める必要があります。
その前に、上位10位以内の街のように、いかに独自の魅力をアピールできるかが鍵になると思われます。

タグ

2012年9月22日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:不動産トレンド

不動産トレンド 「地域ブランド調査2012」調査結果

株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区、社長:田中章雄)が国内1000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全72項目からなる調査『地域ブランド調査2012』が実施され、その結果が公表されました。調査は今年で7回目の実施(年1回実施)。全国の消費者3万375人から回答を得て行われました。

地域ブランドニュース

 

都道府県の魅力度ランキングでは、長野県は7位でした。

201209191611

 

2009年の調査と比べますと、長野県の魅力度は高まっているようです。

201209191615

 

長野県は、「魅力的な温泉やレジャー施設・公園などがある」や「海・山・川・湖などの自然が豊富」や「魅力的な美術館・博物館がある」といった項目で評価が高く、年々高まっている観光意欲度に後押しされたようです。

 

市町村別のランキングも発表になっているようですが、保護記事扱いで今日現在は確認することが出来ません。
公開されましたら、このブログでも記事にさせていただきたいと考えています。

追記
市町村ランキングの記事 を投稿しました。

 

 

そんな中、「田舎暮らし」や「ふるさとへの回帰」を考えている皆様を対象としたイベント『ふるさと回帰フェア2012』が、先週末に東京都早稲田大学で開催されました。全国約40都道府県、約300ほどの自治体・NPOなどが移住相談コーナー、ふるさとの特産品などのコーナーが設けられ実施されました。

地域自治体(地方公共団体)が出展者になりますが、私も諏訪市のお手伝いとしまして宅建協会諏訪支部から参加してきました。
次の機会にでも、記事にさせていただきます。

タグ

2012年9月19日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:不動産トレンド

このページの先頭へ