イメージ画像

信じてはいけない アパート経営で大儲け!

信じてはいけない アパート経営で大儲け!

(プレジデント) – Y!ニュース

 

YAHOOニュースに、気になる記事が。

それによりますと、「これからアパート・マンション経営はしてはいけない」。

むむむ?

 

テレビのCMなどで、「30年間一括借り上げ」といううたい文句をお聞きになったことがあると思います。

アパートの建築契約を交わせば、業者側が部屋を借り上げるしくみで、「30年間保証」などといううたい文句によって「30年間、投資物件の家賃が保証されるのではないか」と考えるわけである。
しかし、このシステムは部屋を借りることを保証するだけで、家賃額を保証するものではない。一定期間のみ家賃を保証し、その後は市況によって家賃を調整することになる。年数が経って建物や設備が古くなれば、家賃が下がっていくのは普通のことだから、ほとんどの場合損をすることになる。最初の3年は一定の額を保証されることが多いが、この手の投資用物件は建築費用が相場より割高なことがほとんどだ。その差額で業者が家賃保証をするしくみなのである。そもそもサブリースは、家賃相場の8~9割が大家に支払われるシステムなので、最初から家賃を下げて自力で探したほうが得だといえるだろう。

だそうだ。

 

我々不動産業界の関係者は、新しい物件が出来れば入居者を獲得しやすいことは確かで、オーナーに新規物件の建設を進めたくなるのは心情です。建築業をあわせて営んでいれば、そちらでの利益も期待できるため、なおさら進めたくなるでしょう。

しかし、築年数がたった賃貸物件はその時点での新築物件に対抗するため家賃を下げて対抗せざるを得ず、また一定の期間でリフォームを行う必要もあります。ですから、一等地でもない限り建ててから5年経過すると利回りも半分程度になると思っていた方が良く、最初に業者がうたうような高い利回りは決して長く続きません。

 

アパート経営を考えるオーナーの方は、30年先を見据えて複数の関係者に相談する必要があります。決して、一つの建築・不動産業者の言い分にのせられることなく。

弊社では常日頃から税理士や司法書士と密接に情報交換していますので、最新の法規に則った適切な助言が出来ると自負しております。

真にお客様の立場に立った助言をモットーにしていますので、不動産投資ビジネスに興味のある方は、一度ご相談ください。

初回のご相談は、無料で行います。

タグ

2012年5月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

このページの先頭へ