イメージ画像

諏訪市マンション(別荘としても利用適) 生活環境の紹介

20120614_112909_0000

弊社で仲介して販売しています、諏訪市高島のマンション「ポレスターレイクシティ諏訪壱番館」の物件の、生活環境 について紹介します。

物件の詳細は、物件詳細ページ

この物件からよく見えます諏訪湖の花火は、6月21日のスタッフブログ

この物件の標準設備は、6月27日のスタッフブログ

この物件の特別設備は、7月4日のスタッフブログ

を、確認してください。

 

既に記載済みのブログ(上記参照)で説明させていただいてありますとおり、諏訪湖の花火は屋上から楽しめますし、標準設備もそして特別設備も、すばらしいものが整っている物件です。

生活環境的も良い条件が整っていますので、安心して生活することが出来る立地条件にあります。

 

1.城南小学校まで1100m

・通学区は、城南小学校と諏訪中学校になります。

・諏訪市内で人気の城南小学校まで、約1100mです。

間取り的にも小中学生くらいのお子様がいらっしゃっても、快適に生活できるのではないでしょうか。

 

本物件の諏訪壱番館と隣接します諏訪弐番館で、現在10名以上の生徒が城南小学校へ通学されているようです。

201207201016

 

2.西友諏訪城南店まで1000m

毎日の買い物。

車社会とはいえ、自転車で通える範囲に複数の店があると助かりますよね。

 

本物件から、利用するでしょうスーパーまでの距離です。

・西友諏訪城南店まで、約1000m。

・角上生鮮市場諏訪店まで、約1500m。

・綿半スーパーセンター諏訪店まで、約1700m。

 

西友は24時間営業ですので、コンビニが不要なくらいです。

諏訪地方で新鮮な魚介類を手に入れたければ、まず角上へ行きます。精肉店や青果店も併設しています。

綿半は日曜大工から生活雑貨まで、ここに行けばほとんどのものが入手できます。アルコール類を含めた食品の入手も可能(比較的安価)ですし、ペットショップまで入っています。

 

3.上諏訪駅まで1800m

上諏訪駅周辺にも駐車場はありますが、車は置いていきたいということもありますよね。

上諏訪駅まで、約1800mです。

出張帰りの電車の中で「軽く一杯」やっても、安心して帰宅することが出来ます。

 

たまには駅周辺の飲食店で、ワイワイ楽しむこともあると思います。

1800mでしたら、酔いを覚ましながらゆっくり歩いて帰宅したつもりでも、まだ酔いが覚めない距離かも。

 

4.諏訪湖まで250m

休日の爽やかな日差しと空気を屋外で楽しみたいとき、すぐに諏訪湖まで出かけられます。

250mですから。

散策をしたり、ジョギングをしたり。人それぞれ、いろいろな楽しみを満喫できます。

 

5.諏訪といえば温泉

諏訪といえば、花火と温泉ではないでしょうか。

市内には、立ち寄り入浴が出来る温泉施設がたくさんあります。

自宅の風呂ではなく、足を大きく伸ばしてゆっくりリラックスしたいとき、お出かけください。

 

片倉館

一回入った方がよいのが、片倉館の千人風呂

公式HPによりますと、

天然温泉を豊富にたたえる大理石造りの浴槽は100人が一度に入浴できるほどの広さ。

とあります。

1000人じゃないの?、という突っ込みはなしでお願いします。

ここの特徴は、浴槽が1.1mと深いこと。お子さんでしたら、プール感覚で立ったまま入浴できます。底には玉砂利が敷き詰められていて、足裏への刺激が心地よいです。

大人600円、小人400円(3才以上小学生まで)です。

 

いきいき元気館

片倉館も良いけど、毎回風呂へはいるのに600円はちょっとという方は、いきいき元気館へどうぞ。

ここは諏訪市の総合福祉センターですので、雰囲気が少しお堅いかも。

福祉講演会なども開催します、広いスペースの階もあります。

温泉のスペースは、普通に温泉です。広間で休憩も可能です。

大人12才以上 300円、子供 150円です。

 

精進湯

とにかく、銭湯感覚で風呂だけ入れればよいという方は、精進湯へどうぞ。

大人 250円、子供(6~11歳)110円です。

 

足湯

時間がないから、足だけ浸かって温泉気分を味わいたいという方は、市内に3箇所あります足湯へどうぞ。基本的に、無料で利用できます。

・湖畔公園足湯

諏訪湖畔、諏訪湖間欠泉センターのとなり。諏訪湖や北・南アルプスの山々を眺めながらリラックスできます。

・上諏訪駅足湯

上諏訪駅の構内にあります。入浴料はかかりませんが、構内に入場する必要がありますので、何らかの切符(乗車券もしくは入場券)が必要になります。電車待ちの間に、気軽に利用できるところが良いですね。

以前は湯船もある本格的な風呂がありました(もちろん男女別で囲われていました)が、今は短時間で多くの方に利用してもらうためか、足湯となっています。

・神宮寺足湯

諏訪大社上社本宮のそばにありますので、参拝の折にはぜひ寄ってみるといいと思います。

 

すわっこランド

風呂だけでなく、プールやトレーニングジムが併設された、諏訪の娯楽施設ですね。私のブログにも、度々登場します。良く利用させていただいていますから。

夏季シーズンは、屋外の50mプールも利用できますので、晴れた日には気持ちいいですよ。ベンチに横になって体を焼いているお父さんの姿を、たまに見かけます。

風呂は、「浪漫」と「アロマ」の2つを男女別で利用する形で、それが週替わりで入れ替わります。それぞれ特徴がありますので、何回行っても飽きません。

ここは家族連れで行っても子供たちが楽しめますので、1度といわず何度も通って欲しい施設です。

基本料金は、大人 600円、子供(4歳以上中学生以下)300円です。午後8時以降は、それぞれ半額になります。各種割引券が利用できますので、私は基本料金で利用したことはありません(私のブログを、ご参照ください)。

毎週第3日曜日の「こどもワイワイデー」は、子供は無料。子供たちが長期の休は、何かと理由をつけて子供のみ半額のイベントが行われます。

 

観光旅館・ホテル

立ち寄り温泉として風呂を利用させていただける観光旅館やホテルが、複数あります。料金はまちまちですのでそれぞれ確認していただきたいのですが、今週はここの旅館、来週はあそこのホテルと、お気に入りの風呂を探してみてはいかがでしょうか。

私のお気に入りの旅館の風呂は、・・・。お問い合わせください(笑)。

 

どうでしょうか。

観光だけではもったいない、諏訪を満喫するための基地(諏訪市の別荘)に、いかがでしょうか。そのように利用している方も、複数いらっしゃいます。

もちろん、定住するのにも良い物件です。

タグ

2012年7月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

このページの先頭へ