イメージ画像

不動産トレンド ブラック物件の対応方法

ブラック物件 : いわゆる『わけあり物件』のことを、世間ではそう呼ぶらしい。

ここでいう『わけ』は、大人の事情的な わけ のこと。

 

要するに、「心理的な瑕疵」。

重要事項説明書で十分な説明が必要になる、アレです。

 

それでは、心理的な瑕疵 に含まれるのは?

宅地や建物に、自殺、殺人事件、孤立死、無理心中、放火、暴力団事務所、カルト教団などがあって、入居しようとする人や買おうとする人が心理的に嫌悪する可能性がある物件のことを指す。

らしい。

 

なぜ、らしい か?

孤立死も、心理的な瑕疵に含まれるということを、初めて知りました。

 

一人暮らしの方が、病気などで周囲に気づかれることなく亡くなる。

最近ニュースで耳にする機会も増えています。

残念なことですが、今後増えていくのではないかと思われます。

 

 

では、そのようなブラック物件をお持ちの売主さんや貸主さんは、どうすればよいか?

一つの参考として、おもしろい読み物がありますので、紹介します。

 

自分の持ち部屋が突然、「ブラック物件」になったら…!?

楽待

タグ

2012年11月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不動産トレンド

このページの先頭へ