イメージ画像

不動産トレンド 地価、全国3分の1で上昇

040地価、全国3分の1で上昇 国交省1月の動向報告

日本経済新聞 2013/2/26 22:20

 

 

国土交通省が26日発表した1月時点の地価動向報告によると、全国の150地区のうち約3分の1に当たる51地区が3カ月前に比べて上昇した。上昇は前回調査の34地区から増え、下落地区は25地区と4地区減った。前回(昨年10月時点)に続いて上昇の数が下落の数を上回った。金融緩和などで景気を回復させる「アベノミクス」への期待が背景にある。

 

この調査は、全国の住宅地や商業地を対象に四半期ごとに調査しているもの。国交省は地価動向について「都市部を中心に回復の動きが広がっている」と分析しているようです。

住宅地では上昇が20地区で、下落の3地区を大きく上回った。地価に値ごろ感が出てきたほか、2014年に予定される消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響もあったとみられます。
商業地も上昇地区が31と下落の22を上回りました。

 

不動産価格は長い期間停滞していましたが、値上がりという状況が来るのかもしれません。
消費税増税を見据えての駆け込みの部分もあると思われますが、好転することを期待したいと思います。

タグ

2013年2月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不動産トレンド

このページの先頭へ