イメージ画像

不動産トレンド フラット35金利、最頻値が2ヵ月ぶりに下降

住宅金融支援機構が扱っています長期固定金利住宅ローンが、フラット35です。

フラット35の金利は、毎月第2営業日の正午頃更新されます。

今月は10月2日、2012年10月の取扱金融機関における「フラット35」の適用金利が発表されました。

 

これによりますと、今月の発表では金利が低下しました。

 

借入期間21年以上35年以下の金利が1.880%(対前月比▲0.010%)~2.830%(▲0.010%)。取扱金融機関が提供する金利で最も多い金利(最頻値)は1.880%となり、2ヵ月ぶりに下降しました。

また、20年以下の借入期間の場合の金利は、1.600%(同▲0.020%)~2.550%(▲0.020%)で、最頻値は1.600%と、同じく2ヵ月ぶりの下降となりました。

なお、フラット35保証型の金利は2.100%。フラット50の金利は2.790%~3.540%。

 

不動産流通研究所より

タグ

2012年10月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不動産トレンド

このページの先頭へ