イメージ画像

地域によって畳のサイズが異なる理由

家康のせい? 畳のサイズ、東に行くほど小さい理由

日本経済新聞

 

ヤフーニュースの記事に、興味深いタイトルを発見!

「同じ1畳でも、地方によって違いがある」という話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

日経新聞の記事ですが堅苦しくないので、読み物としてはおもしろいです。

 

関西で多い『京間』

愛知の『中京間』

静岡以東に多い『江戸間』

東に向かうほど、小さく(狭く)なります。

 

さらに、高度成長期の住宅需要を支えた『団地間』

これは公団住宅で採用された独自規格で、江戸間よりさらに小さいです。

 

では江戸間の由来は?

『江戸に幕府を開いた徳川家康が検地の際、より多く年貢米を取り立てるため、1間(けん)の長さを豊臣秀吉の時代より短くしたため』

との記載。

『秀吉による太閤検地までは1間=6尺5寸だったが、秀吉はそれを縮めて6尺3寸で検地し、江戸幕府はさらに6尺に縮めた。このため、地域ごとに畳のサイズに違いが生じたのだという。』

歴史になぞられていて、おもしろいですよね。

 

一方、「住宅の建築方法の違いが畳の違いを生んだ」との説もあるようです。

『関西では畳に合わせて柱を立てる「畳割り」という方法が一般的だ。それに対し、短期間で人口が増えて住宅への需要が急増した江戸では効率化のため、柱の中心と中心の間隔を1間(6尺)とする「柱割り」が主流になり、このため江戸間の畳は柱の太さの分だけ1間より小さくなったのだという。』

こういう説もおもしろい考え方ですね。

『京間は大工の腕の見せどころ、江戸間は畳屋の腕の見せどころ』

だそうです。

 

それでは現在、ハウスメーカーがどう対応しているかといいますと、

『要望がない限り、尺貫法に従って江戸間を採用しているケースが多い』

らしい。

 

m(メートル)法が基本の単位になる中、和室に限っては尺貫法が残っているところが、日本らしくて良いと思います。

 

201210212028

タグ

2012年10月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

長野県へ移住すると、健康保険の保険料が安くなる?!

協会けんぽの健康保険の保険料率は、都道府県ごとに異なります。

ご存知でしたか?

 

会社勤めの方は給与明細に天引き額が記載されているだけですので、気にされる方は少ないでしょうね。

協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)は、各支部被保険者(都道府県単位の被保険者)を単位として、決められた範囲内で都道府県ごとに年齢構成や所得水準の違いを調整した上で、地域の医療費を反映した一般保険料率を設定し、厚生労働大臣の認可を受けます。
これにより、疾病の予防が推進され加入者の健康が増進し医療費がかからない都道府県においては、その分保険料率が他の都道府県より低く設定されることになりました。
都道府県単位保険料率は、平成21年9月分の保険料から適用されています。

都道府県ごとの保険料率への移行については、ここに詳しく記されています。
都道府県毎の保険料率への移行について – 全国健康保険協会

 

同じサービス(医療費の3割負担、他)であれば、保険料率は低い方がいいですよね。
都道府県で、どのくらいの違いがあるのでしょうか。

平成24年度の保険料率(以下の、変更後の数字です。)

201210101606

平成24年度の保険料率 – 全国健康保険協会

 

この表を見れば、一目瞭然。
今回の変更では、10%を境に高い都道府県と低い都道府県がわかりやすいです。

これによりますと、東日本は10%未満のところが多そうです。
秋田県から北と西日本は、10%を超えるところが多そうです。

 

保険料率が一番低い都道府県はといいますと、長野県です。
自然の豊かさが健康増進に直接つながるのかどうかはわかりませんが、医療費がかからない都道府県であることは間違いなさそうです。
長野県における 衣・食・住 といった環境が、そうさせているのだと思われます。

 

保険料率が高い都道府県にお住まいの方、長野県への移住をお考えになりませんか。

タグ

2012年10月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

諏訪エリア LCV × au auスマートバリュー

最初にお断りしておきますが、私および弊社はLCVと金銭的な利害関係は一切ありません。

 

諏訪エリアにはLCVというケーブルテレビ会社があります。

そこから、次のような案内が届きました。

201210041241

 

auスマートバリューは、剛力彩芽がCMでやっているアレですね。

LCVのネット(光ハイブリッドスーパーコース)とケーブルプラス電話に加入していれば、auのスマートフォンを組み合わせることにより、全体的な利用料金のメリットがあるらしい商品のようです。

201210041244

 

実際、どのくらいメリットがあるのか、私には良くわかりません。

また、私はLCVのネットにもケーブルプラス電話にも興味はありませんので、これ以上調べてみるつもりもありません。

 

ただし、既にLCVでこれらの契約をしておりauのスマートフォンに興味がある方。

または、auのスマートフォンを持っており、LCVのサービスに乗り換えても良い方は、検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

他にもLCVでは、

LCVセット割 : LCVテレビ + LCV-Net + ケーブルプラス電話

LCV2年割 : LCVセット割 + auスマートバリュー 2年単位

もやっているようです。

 

情報として、お知らせさせていただきたいと思います。

ただし、安くならなかったといって、弊社は何ら責任は負えません。

タグ

2012年10月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

不動産トレンド フラット35金利、最頻値が2ヵ月ぶりに下降

住宅金融支援機構が扱っています長期固定金利住宅ローンが、フラット35です。

フラット35の金利は、毎月第2営業日の正午頃更新されます。

今月は10月2日、2012年10月の取扱金融機関における「フラット35」の適用金利が発表されました。

 

これによりますと、今月の発表では金利が低下しました。

 

借入期間21年以上35年以下の金利が1.880%(対前月比▲0.010%)~2.830%(▲0.010%)。取扱金融機関が提供する金利で最も多い金利(最頻値)は1.880%となり、2ヵ月ぶりに下降しました。

また、20年以下の借入期間の場合の金利は、1.600%(同▲0.020%)~2.550%(▲0.020%)で、最頻値は1.600%と、同じく2ヵ月ぶりの下降となりました。

なお、フラット35保証型の金利は2.100%。フラット50の金利は2.790%~3.540%。

 

不動産流通研究所より

タグ

2012年10月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不動産トレンド

不動産トレンド 「社会資本整備重点計画」への期待!

RETIOメルマガ第71号 より

 

本年8月31日、新たな「社会資本整備重点計画」が閣議決定されました。

社会資本整備重点計画法に基づき、社会資本整備事業を重点的、効果的かつ効率的に推進するために策定する計画であり、第1次計画は平成15~19年度で、平成24~28年度を期間とする今回は第3次計画です。


新たな計画は、厳しい財政状況の中で政策資源を重点的に投入することが求められていることから、「今整備しないと」将来大きな問題となるおそれのあるものという考え方で「選択と集中」の基準を定めつつ、大規模又は広域的な災害リスクの低減、我が国産業・経済の基盤や国際競争力の強化、持続可能で活力ある国土・地域づくりの実現、社会資本の適確な維持管理・更新という4つの「重点目標」が掲げられています。


その上で、施策の達成状況等を定量的に測定するための「指標」が設定されています。主なものを概要で紹介しますが、いずれも国民生活に直結しており、そして、当面の5年間で急ピッチで整備推進しよう!という強い意志が感じられると思います。

・主要なターミナル駅の耐震化率【88%(H22年度末)→概ね100%(H27年度末)】
・大規模地震が想定されている地域等の必要な施設の耐震化率等
【河川堤防:0%(H23年度末→約77%(H28年度末)、海岸堤防:約28%(H23年度
末)→約66%(H28年度末)、下水管きょ:約34%(H23年度末)→約70%(H28年度
末)】
・ハザードマップを作成・公表し、防災訓練等を実施した市町村の割合
【最大クラスの津波:0%(H23年度末)→100%(H28年度末)、洪水:49%(H23年
度末)→100%(H28年度末)、内水:約15%(H23年度末)→約100%(H28年度末)、
土砂災害:約45%(H23年度末)→100%(H28年度末)】
・三大都市圏環状道路整備率【56%(H23年度末)→約75%(H28年度末)】
・市街地等の幹線道路の無電柱化率【15%(H23年度末)→18%(H28年度末)】
・公共施設等のバリアフリー化率
【旅客施設の段差解消率:78%(H22年度末)→約100%(H32年度末)、特定道路:77%
(H23年度末)→約100%(H32年度末)、一定の建築物:48%(H22年度末)→約60%
(H32年度末)】


言うまでもありませんが、社会資本は、効果的に機能することにより、宅地建物の質や評価の維持向上に大きく寄与するものです。インフラストラクチャ(下部構造)と呼ばれることもあるように縁の下の力持ちですが、「社会資本整備重点計画」のもとで計画的に整備・管理されて国土・地域づくりが進められていくことで、不動産事業の展開にも大きく貢献していくことでしょう。同計画の着実な達成に期待したいものです。


なお、住宅・建築物に関する指標は、住生活基本計画(平成23年3月)等に掲げられたものが参考指標として位置付けられており、次のようなものがありますので、紹介します。


・住宅の耐震化率【79%(H20年度)→95%(H32年度)】
・多数の者が利用する建築物の耐震化率【80%(H20年度)→90%(H27年度)】
・高齢者(65歳以上の者)の居住する住宅のバリアフリー化率
【2箇所以上手すり設置又は屋内段差解消:37%(H20年度)→75%(H32年度)、2箇所
以上手すり設置・屋内段差解消・車椅子通行可能廊下幅:9.5%(H20年度)→25%
(H32年度)】

タグ

2012年10月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不動産トレンド

諏訪暮らし 物件登録講習会

信州諏訪暮らし というホームページがあります。

 

諏訪の魅力(温泉、空気、神社仏閣、歴史、自然、祭り、―)を発信する。

諏訪に興味を持っていただき、まずは観光で来ていただく。

将来的には、セカンドライフの拠点として、また移住先として、諏訪を選んでいただきたい。

そのような期待を込めて、宅建協会諏訪支部諏訪分会が仕掛けたページです。

コンセプトは、「不動産屋のHPらしくないHP」。

 

アクセス数はそれなりにありますので、営業へ結びつくのはもう少し時間がかかりそうという状況ですが。

もっと直接営業に結びつけたい。諏訪の不動産物件をイベントで紹介するページが欲しい。

と言う声が上がり、物件情報のページも追加することになりました。

そして、その 信州諏訪暮らし 物件情報ページ が公開されています。

 

201210011645

 

これらのページ、プロデュースは私が行いました。

直接の製作は私ではありませんが、製作者さんとの間に入ってやりとりを行い、私の希望が色濃く反映されています。

最終的に物件を登録してもらうのは、物件を扱う不動産業者さんになります。

そのための講習会も、先週末に開催しました。

(講習会で使用するマニュアルの作成に2日間かかったというのは、ココだけの話し。)

 

私的には、諏訪の不動産物件が活性化できればそれでいいと思っています。

さらに、IターンやUターンで、諏訪市の人口が増えればとても良いことです。

一番の希望は、不動産物件の取引に弊社が係わることが出来れば、こんなにうれしいことはありません。

 

諏訪暮らしの不動産物件紹介ページ。

今後ともご贔屓にお願いいたします。

タグ

2012年10月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

このページの先頭へ