イメージ画像

不動産トレンド 平成24年度国土交通省関係予算の配分

国土交通省 報道発表資料 より

国土交通省が4月6日、平成24年度国土交通省関係予算の配分について次のとおり発表しています。

 

平成24年度国土交通省関係予算については、東日本大震災からの復興等及び国民生活の安全・安心の確保に総力をあげて取り組むとともに、震災を契機として我が国が抱える諸課題を克服し、我が国の明るい未来を築くため、「持続可能で活力ある国土・地域づくり」(平成23年11月15日前田国土交通大臣発表)を強力に推進するための予算を計上したところである。

 

これを踏まえ、一般公共事業等予算の配分にあたっては、国民生活の安全・安心の確保、真に必要な社会資本の着実な実施、持続可能で活力ある国土・地域づくりの推進など当面する課題に対応する事業に重点を置くこととし、質の高い住宅・社会資本整備を効率的・効果的に推進する。

 

具体的には、整備状況や必要性等地域の実情を踏まえ、地方公共団体の要望等に即しつつ、国民の住宅・社会資本整備に対する要請に応えるため、
・公共施設の耐震化・津波対策等の推進
・激甚な水害・土砂災害が生じた地域等における災害対策、予防的な治水対策の強化
・国際コンテナ・バルク戦略港湾等の整備
・首都圏空港の強化
・大都市圏環状道路の整備及び全国ミッシングリンクの整備
・都市の国際競争力の強化
・社会資本整備総合交付金による低炭素、循環社会の構築等
などに特に重点をおいて配分を行う。

 

なお、復興庁計上の東日本大震災からの復興関係については、復興庁が定める実施に関する計画に従い、効率的・効果的に執行する。

タグ

2012年4月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不動産トレンド

長野県諏訪市 育苗管理 フジワン粒剤の散布

アグリなスローライフ を、更新しました。

 

生育の悪い苗が多少気になりますが、苗の量は余計にありますので、一部使えなかったとしても何とかなるかなと甘く考えています。


今朝は灌水前に、フジワン粒剤 を散布しました。

 

育苗初期段階で、よく使われる薬剤です。
効果・特徴は、次。

 

・いもち病および小粒菌核病に対し水面施用で極めて安定した効果を示す。

・稲体への吸収移行が大きく、根からよく吸収され稲体内に広く移行する。

・低濃度でいもち病菌の稲体侵入を特異的に強く阻止し、すぐれた予防効果を示す。

・効果の持続性にすぐれ散布適期の幅が広い。

・水稲の育苗箱処理により、苗いもちと本田の葉いもち防除ができる。

・水稲の育苗箱処理により苗質が向上するとともにムレ苗防止効果がある。

・穂いもち防除に使用することにより、根張りが良くなり、稲の登熟歩合が向上する。

 

・・・・・

続きを読む →

 

タグ

2012年4月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

なまえラベル

オフィス矢島の IT いい話 を、更新しました。

 

本日夕方から、仕事上初めての方と面会予定。
チョット困ったことが。。。


先日会社のオフィシャルHPのURLを変更し、それに伴ってメールアドレスも変更になりました。
名刺のURLとE-mailが古いままで、新しくするのを忘れていました。


今から名刺を新規で発注していても、きれいな名刺の作成はおそらく間に合わない。
かといって、手書きで上から変更するのもチョットね。


というわけで、電気屋さんで「なまえラベル」なるものを買ってきました。

 

・・・・・

続きを読む →

 

タグ

2012年4月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

長野県諏訪市 稲の苗の生長具合

アグリなスローライフ を、更新しました。

 

ハウスの中で太陽シートをかけて育てていた稲の苗ですが、本日太陽シートを外しました。
昨年は外すのが少し遅すぎましたので、今年は「若干早いかな?」と思えるタイミングで、外してみることにしました。

 

ところが。

シートを外してみて、あらびっくり!?。
通路に沿って、一列うまく育っていません。

 

・・・・・

続きを読む →

 

タグ

2012年4月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

不動産トレンド 中古住宅・リフォームトータルプラン

RETIOメルマガ第62号 より

国土交通省が3月27日、中古住宅・リフォームトータルプランを公表しました。

これは、新築中心の住宅市場から、リフォームにより住宅ストックの品質・性能を高め、 中古住宅流通により循環利用されるストック型の住宅市場に転換しようとするものです。
プランは、「中古住宅流通を促す市場の環境整備」、「リフォーム市場の環境整備」、「既存住宅ストックの質の向上の促進」、「中古住宅流通・リフォームの担い手の強化」からなっています。

このプランについて国土交通大臣は、「新築中心の住宅政策から、ストック中心の住宅政策に転換を図るということです。住宅に対する手当てが今までは新築中心であったため、日本は極端に既存の住宅の流通が少なく、そして、質も良くない、しっかりとした改修がなされないために、平均寿命が25年ほどで、25年経つと産業廃棄物になります。欧米では、中古の流通量がドイツでは88%、フランスでも67,8%、ということで、だいたい7,80%です。日本では13%であり、そこに大きな問題があります。既存のストックというものに断熱改修、あるいは耐震改修、それを通じてまた健康住宅というようなことにして、寿命を長くして、その中古住宅が流通するということにしていけば、国民の ストック、資産価値というものが随分と高まっていくわけです。これを通じて、全国各地にいろいろな住宅関係の仕事が出てまいります。もちろん設計士、大工、工務店、水回り のいろいろなこと、左官、あるいは設備関係、材木、そういったことで地域の雇用、経済が継続的に回り、一見、派手には見えませんが、全国的に地域経済の活性化、ひいては日本の経済のベースが持続可能な経済になっていくと、こう思っております。」とその意気込みを述べています。

プランでは、宅地建物取引業者も重要な役割が求められています。特に求められる役割として、ワンストップサービスの提供が掲げられています。中古住宅の購入は、宅地建物 取引業者を通じて行われることから、消費者が必要とするサービスをワンストップで提供できるよう、インスペクション、瑕疵保険等に関する知識の習得とこれらのサービスを提 供する事業者との連携を促し、中古住宅流通時における宅地建物取引業者のコンサルティング機能の向上を図ることが必要とされています。また、中古住宅流通・リフォームの担い手として、宅地建物取引業者のコンサルティング機能の向上を図ることが必要とされて います。中古住宅の取引に際して、消費者と直に接する宅地建物取引業者が、多様な消費 者ニーズに対応できるよう、インスペクション、リフォーム等に関する講習・研修会の実 施や、宅地建物取引業者と建築士事務所や中小建設事業者等のインスペクション、リフォーム等関連事業者との連携強化等を通じ、宅地建物取引業者のコンサルティング機能の向上を図ることが必要とされています。

この夏、とりまとめられる予定の不動産流通市場活性化フォーラムの報告書による施策と相まって不動産市場が活性化していくことを期待したいと思います。

タグ

2012年4月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不動産トレンド

諏訪はやっと春本番

アグリなスローライフ を、更新しました。

 

諏訪の気候の特徴は、昼と夜との寒暖差が大きいことが上げられるのではないでしょうか。
この特徴が、御神渡りの出現や寒天の製造に関係しています。


という講釈はこのくらいにして、諏訪もやっと暖かくなってきました。
と言いますか、昼間、特に車の中は、暑くてたまりません。
晴れた日の最高気温は、20℃に迫ります。
週間天気予報を見ますと、4月25日の予想最高気温は、26℃のようです。


ただし、最低気温は10℃を下回ります。
朝晩が爽やかなのは、いいことです。


家の回りでも、いろいろな花が咲き始めました。

 

・・・・・

続きを読む →

 

タグ

2012年4月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

Photoshopのアップグレード

オフィス矢島の IT いい話 を、更新しました。

 

2012年3月8日の投稿 で、それまで使用していたPhotoshopElements2.0が使えなくなってしまったので、PhotoshopElements10の試用版を評価している という記事を書きました。

 

評価版は1ヶ月間使えました。

まあ、1ヶ月を過ぎても最初の1回だけは次の画面 あと1回だけ使わせてあげるから買ってね が出ます。

 

その後は次の画面が出て、その評価版はそのままでは使うことは出来なくなってしまいます。

 

・・・・・

続きを読む →

 

タグ

2012年4月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

諏訪市 すわっこランド 延べ利用190万人達成

アグリなスローライフ を、更新しました。

 

私が良く利用させていただいています すわっこランド ですが、4月15日で延べ利用人数が190万人を達成したようです。
大したものですよ。

 

大人の利用料金が200円になる 指定管理記念 特別入場券 を利用して、珍しく夜間に利用してきました。
風呂だけの利用でしたが、屋外が見えないのはある意味新鮮でした。

 

この4月からすわっこランドの管理はやまびこスケートの森へ変更になっていますが、利用者にとってはあまり違いは感じられませんでした。
ほとんどの利用者は、その変更についての違いは感じ取っていないのではないかと想像します。

 

違いといえば、ホームページがリニューアルしています。

 

・・・・・

続きを読む →

 

タグ

2012年4月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

携帯音楽プレーヤーの購入

オフィス矢島の IT いい話 を、更新しました。

 

最近月に一度は出張がありますので、時間の有効利用を考えて携帯音楽プレーヤーを購入しました。


携帯電話にも音楽の再生機能はついていますが、長時間の利用で電池が無くなって通話が出来ないという経験がありましたので、私は携帯電話と音楽プレーヤーは別に持つ派です。
iPhoneとかを入手すれば考えは変わるのかもしれませんが、今は別々で行きます。

価格.comで検索しますと、安くなりましたね。>携帯音楽プレーヤー


APPLEとかSONYのモノはそれなりにしますが、わたしはあまりこだわりません。
トランセンドでしたら動画の再生が出来ないタイプで3,000円未満、動画の再生が出来るタイプで5,000円未満で購入可能です。
それで、容量は8GBもあります。外付けのメモリカードの増設で、更に増やすことも出来ます。
ラジオや録音の機能もあって、ほんとにこれでいいの? と、こちらが心配になります。

 

・・・・・

続きを読む →

 

タグ

2012年4月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフブログ

不動産トレンド 平成24年地価公示

RETIOメルマガ 第61号 より

3月22日に平成23年の地価公示による地価の状況がとりまとめられました。
公表資料によると、平成23年の1年間の地価は、リーマンショック後における4年連続の下落となったが、下落率は縮小傾向を示しました。半年毎の地価動向を都道府県地価調査(7月1日の地価を調査)との共通の調査地点でみると、東日本大震災のあった23年前半(1~6月)に下落率が拡大し、23年後半(7~12月)に下落率が縮小しました。
大震災の影響により、不動産市場は一時的に停滞しましたが、被災地を除き、比較的早期に回復傾向を示しています。一方、円高、欧州債務危機等の先行き不透明感による地価への影響も見られます。
住宅地については、低金利や住宅ローン減税等の施策による住宅需要の下支えもあって下落率は縮小しました。人口の増加した地域で下落率の小さい傾向が見られ、また、住環境良好あるいは交通利便性の高い地点で地価の回復が目立ちました。
商業地では、前年より下落率が縮小しましたが、オフィス系は高い空室率・賃料下落、店舗系は商況の不振から、商業地への需要は弱いものとなっています。その中にあって、主要都市の中心部において、賃料調整(値下げ)が進んだこともあって、BCP(事業継続計画)やコスト削減等の目的で耐震性に優れる新築・大規模オフィスへ業務機能を集約させる動きが見られ、これら地点の年後半の地価は下げ止まっています。また、三大都市圏と一部の地方圏においては、J-REITによる積極的な不動産取得が見られました。その他、堅調な住宅需要を背景に商業地をマンション用地として利用する動きが全国的に見られました。
今回の地価公示では震災が地価に及ぼした影響についても分析しています。被災地における土地への需要は被災の程度により差が見られ、特に宮城県では浸水を免れた高台の住宅地等に対する移転需要が高まり地価の上昇地点が見られました。
首都圏でも液状化が発生した東京湾岸(千葉県浦安市等)では、10%以上下落した地点が多数現れましたが、液状化による被害が見られなかった浦安市内の元町地区は下落率が比較的小さくなっています。
http://tochi.mlit.go.jp/chika/kouji/2012/index.html

 

東日本大震災があった後ですので、それ以前と比較して良いかどうかは疑問があります。

23年後半(7~12月)に下落率が縮小 という内容には、多少期待が持てます。

タグ

2012年4月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不動産トレンド

このページの先頭へ